コラムコラム

2007/04/30

東京でサクランボ見つけた!

もうすぐ6月。紫陽花も色づき出し、梅雨もそこまで。ジメジメして洗濯物が乾かないのは嫌ですが、植物たちは元気です。ふと気がつくと、我が家の庭もドクダミに占領されてしまいました。シダ類も元気にあちこちで手を伸ばしています。ふつう彼らは「雑草」と呼ばれるのですが、よく見ると色も形も結構美しい、と思うのは私だけ?

さて、家の近くの桜並木もあっという間に緑のアーチになりました。その下を歩くと、蚊柱が立っていて足早に通り過ぎようとしてフト地面を見ると、あらなんと、サクランボの実が落ちているではないですか!

直径は一センチ位で、実も固いけど確かに二本の指を広げたような可愛いサクランボ。

早速、小石川植物園に電話したところ、理論上はあり得る事だけれど、非常に珍しい、というお話でした。

そして、私はといえば、自分一人でしまっておくにはもったいない気がして、駅へ向かう桜並木を通るたび、側を歩いている人たちに声をかけないように我慢するのが大変です。

5月29日

山田佳代子/ストップ・フロン全国連絡会理事、環境カウンセラー

page top